FC2ブログ
 
■プロフィール

ブグ子

Author:ブグ子
しし丸に会いに来てくれて嬉しいです

■何才?

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■リンク
■カウンター

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■参加
今年の愚痴は、今日で終わり!
12月2日(日曜)のこと、
私のパソコンの調子がすこぶる悪かった。
前日までサクサク動いていたのに、
急に動きが悪くなってしまってた。

でも、それは仕方がないの。
形あるモノ、いつかは壊れるのだから。。。

12月3日(月曜)
パソコン修理業者が来てくれたけど、
見ず知らずの大人の訪問に、
しし丸がパ・パ・パ・パ・パニック。
ひたすら、ギャーギャー騒いでた。
パソコンはちっとも改善する気配が無く
修理業者さんも一日がかり。
結局、しし丸は一日中吠えまくり、興奮しまくりで、
心休まる時間がない1日になってしまった。


その日の夜、日課のマッサージを
しし丸に施していると、
太ももの付け根あたりが膨らんでる。
前日までは何ともなかったのに。

鼠径ヘルニア2




角度によっては、かなり膨らみを感じるし、

鼠径ヘルニア




落ち着いてる時と興奮してる時では
膨らみの大きさも違う感じ。
これは、マッサージ中の心穏やかな状態。
かなりふくらんでる。

鼠径ヘルニア3




12月4日(火曜)
朝イチでかかりつけの動物病院。
(混合ワクチンの件で???
思っていたけど、しし丸を最初から見てくれてる
病院なので仕方ない)

病名は、 『鼠径ヘルニア』
うすうす私自身も、そうかも~と思って
いろいろ調べてたので、
とりあえずは取り乱さず、病名は受け入れられた。

原因としては、
犬の腹部・腹腔にある臓器は、筋肉や
それを包んでいる筋膜によって、
背骨から吊り下げられているような状態らしく
今回、一日中興奮し吠えていた状態で、
大きな圧力がかかり、
腹腔を守る筋肉に隙間ができ、
しし丸の太ももの付け根にある「鼠径部」に
臓器が飛び出し、はまりこんでしまったとの事。


過度に圧力がかかった状況に心当たりがあり、
獣医師からの説明で、鼠径ヘルニアに至った
因果関係も納得できた。
けど、その後の説明がひどかった。
今、思い出しても最低最悪な説明だと思う。

思い出してもイラッ とするので、
途中、途中、文章とは全く関係ない
しし丸の可愛い写真をはさみます。


(親友の恐竜くんと戯れて遊ぶ、しし丸)

笑顔5




「鼠径ヘルニア」と言う病名を告げられた後、
しし丸の膨らみ具合・肌の色を見て、
「小腸が飛び出してるから、
直ちに手術した方がいい」

との事。
先生いわく、「小腸が飛び出してから、
壊死が始まると肌の色が浅黒くなっていき、
2~3日後に死亡する例もある。
しし丸の場合は、肌色から推測するに
小腸が飛び出したばかりの状態と思われる」


この時点で、私はパ・パ・パ・パ・パニック。
大・大・大・大パニック。


自分自身で調べていた深刻な症状としての、
「嘔吐、下痢、食欲の低下、元気がなくなる」
が、しし丸には全く当てはまらなかったため、
その時の私は、そこまで差し迫った状態と
思っていなかったのに。


(恐竜くんとの戦闘途中。
仲良し過ぎて、恐竜くんと顔が似てきた。
恐竜に退化してる、しし丸)

笑顔4




いずれ外科的な手術が必要ならば、
一番信頼できる大阪の病院
(以前に、しし丸の軟口蓋の切除・
鼻孔拡張手術をしてくれた病院)
で診察して手術してもらおうと考えていたから
その旨を伝えたところ、

「手術はすぐにした方がいいし、
この状態で万が一が無いとは言い切れない」

とまで言われて、私の頭は真っ白。。。
すぐ、って、どのぐらいすぐ?かと聞いたら、
「今日か明日、なるべく早く」

その流れで、その獣医師に
「先生なら、すぐに手術してくれるのか?」
思わず尋ねたら、自分はしないが、
香川県にある病院を薦めてくれた。

オマエハ、手術せんのんかぁ~い
人任せか~い

って思った(←心の中で)


(ゴムを引っ張り合う私たち。
どちらかが裏切ったら、相手は痛い目を見る
恐怖の遊びを楽しむ、しし丸)

笑顔6





エライコトになった、とパニくりながら
しし丸を連れて帰ってきて、
大パニックの状態のまま、
とにかく、頼りにしてるひゅ&かやママさんに
電話して泣きつく。
そして、的確なアドバイスを得て落ち着く。

アドバイスどおり、大阪の病院の獣医師に
電話連絡して、状況を説明して指示を仰ぐ。
この時の電話で、大阪の病院の先生からは、
緊急に手術するほどの症状と思われない!
と言って頂いてたけど、
地元の病院の獣医師の、
「様子見を選択したせいで、2~3日後に死亡した」
との言葉が頭を離れず、
きちんと診察して貰おうと、
大阪の病院に車を走らせました。
(片道3時間かけて!)

大阪の病院で診て下さった獣医師の意見としては、
「しし丸の現状での鼠径ヘルニアは、
仮に病院の近くに住んでて、自分がすぐに
診られるのであれば経過観察!っていう診断で
至急の手術は必要ないと言ってあげられるけど、
なにぶん徳島からだと、気軽に経過を診せに来る
距離じゃないから、将来的なもしも・・・
を考えるなら今すぐにでなくとも、
いつか外科的な手術で
不安を取り除いた方がいいかも~」
との事。

要するに、そんなに心配ないよ~♪経過観察でOK!
って言って下さった。

まず、診て触っただけの診断で、
しし丸の鼠径部の膨らみは、
小腸が飛び出してるのではなく、
脂肪が飛び出している、との事。
地元の獣医師が述べた様な、
深刻な症状になる臓器の飛び出しなんかじゃない。


(ゴムパッチン。
しし丸の手と足と、私の手で恐怖のトライアングル
を作りだし、ヒヤヒヤを楽しむ遊び)

笑顔7



大阪の病院からの帰り道3時間、
緊急手術なんかにならず、
無事にしし丸と一緒に帰れたことが
とにかく嬉しかった。

ホッとして、安心材料として
大阪の病院に駆けつけて良かった~
って、つくづく思えました。

でも徳島に戻って、すっかり気分が落ち着いた頃、
だんだんと怒りがふつふつ沸いてきた。

脂肪の飛び出しなのか、
臓器の飛び出しなのか、診察・触診して
何故に獣医師によって全く判断が違うのか


何故、地元の獣医師は小腸の飛び出しと
確定診断して、私をいたずらにおびえさせたのか


そもそも何故私は、地元の獣医師の言葉を
鵜呑みにしてしまっただろう。
地元の獣医師の診察・触診が信頼できないなら、
その場で、更なる診断方法(X線検査・超音波検査)
をするよう求めれば良かったのに、と思う。


(100均で購入したオモチャを
熱心に見つめる、しし丸)

100均4





愛犬の病気が発覚した直後、
なかなか冷静な判断をする事は難しいけど、
やはり愛犬の命を守れるのは飼い主しかいないので、
私自身がしっかりしなきゃ!と思いました。

しし丸をこれまでずーっと診てもらっていた
地元の動物病院について、私はすっかり
獣医師としての腕前に不信感。
ちょっと・・・どうなん?
って思っていたのですが、
時間が経つにつれ、怒りはおさまるようで、
逆に、大病だったのに「大した事ない!」
って判断されるより、今回はマシか。。。
って思い始めてたけど、
今回改めて、あのときの状況・私の気持ちを
整理することによって、
やっぱり、動物病院を変えよう!
と決意表明いたします。


(100均のオモチャを咥えてご満悦な
安上がりの、しし丸)

100均5



今回、大騒ぎとなった(←私だけが)
「鼠径ヘルニア」ですが、勝手に治るものでなく
いつか外科的な手術が必要になります。

どのタイミングで手術するか問題について。
今直ちにすべきか、、
他の病気が見つかって手術を決断した際に
一緒に手術してもらう心づもりで居ておくか、
これつにいては、もうちょっと時間をかけて
考えていこうと思います。


今年の一番の不満事である、
動物病院へのグチをきっちり吐き出せて、
良い年越しができそうです。
(読まされた方は、気分が良くなく
多大なる被害かもしれませんが。。。)

どうぞ皆様、良い新年をお迎え下さい。
来年もよろしくお願いします。



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば



スポンサーサイト



鼠径ヘルニア | 18:36:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
今年の愚痴は、今年のうちに吐き出すべし
モヤモヤッと、私の心の中で
くすぶっている事は
今年のうちに排出しておこう!

今年の愚痴は、今年のうちに
ぶちまけた方が、きっと来年はスッキリ・・・

するかどうかは分からないけれども。。。

文字ばかりになるので、
途中、ちょいちょい文章と関係ない
しし丸の爽やかな写真をはさみます。


まず、しし丸のワクチン接種問題
11月22日にワクチン接種してきました。
去年の11月27日に、10種混合ワクチンを
打ってから、ちょうど1年経ったから。
今回は、9種混合ワクチン(キャニバック9)

ワクチン




ここで、私の中で???となったのが、
次回の接種日。
2020~2021年、って何だ???

ワクチン2



『犬の混合ワクチン、毎年必要か?』
問題が議論されている事は知っていた。

「日本では狂犬病ワクチン以外の混合ワクチンも
毎年接種するのが習慣となっているが、
世界的には、混合ワクチンのうち主な3種
(犬ジステンパーウイルス、犬アデノウイルス、
犬パルボウイルス)について、
3年以内の再接種をすべきでないとされている」



でも結局のところ、私はこれまで1年に1回の
混合ワクチンを選択してきた。
私とワンコとのお付き合いは、
「ペット可」の宿泊施設に泊まる事もあり、
ドッグランやトリミングサロンにも連れて行く。
どうしても1年以内の混合ワクチン接種証明書を
提示しなきゃいけない場面が多々あるから。

(ベイエリア(←徳島の)を散歩したよ~♪
のしし丸。)

笑顔





これまで訪問したことがある動物病院は
ルールに従って、1年に1回の接種を義務づける
病院ばかりだった。
私からも先生に対して、なぜ1年に1回の接種なんですか?
なんて、わざわざ聞いたりしなかったけれど、
今回、思いもかけず3年に1回を推奨する動物病院だった。


(海沿いで、風はかなり冷たかったけど、
快適♪快適♪でノリノリな御様子。)

笑顔2





ワクチンは1年に1回必要と言う先生は、
お金儲けの為で
3年に1回といった先生は、
動物のことを親身に考えてくれてるんだ~

と思うのは安易な考えすぎる、って私は思ってる。

そこで今回、動物病院の先生にきちんと
ワクチンって1年に1回でなくて大丈夫なんですか?
って聞いてみた。

残念ながら、私自身が期待する様な
獣医師としての考えを聞かせてもらえなかった。
もしかすると、そこまで専門的な話を
私が求めていると思ってなかったのかも知れないけど、
ちょっと、この動物病院に???って思ってしまった。


(海をバックにモデル気取りの、しし丸。
この角度が男前に見えるらしい。)

笑顔3



ちなみに、必要のないワクチンを接種すべきではない!
って言う事で、ワクチン接種によって
犬の体内に作られた「抗体」が残っているかを
調べる抗体検査もあるようですが
私自身は、これまで動物病院で薦められた事はありません。
抗体検査の費用自体が高いため、
ワクチンを打った方が飼い主の費用負担が少ない、
と考えている獣医師さんの方が多いのかも。


しし丸の次回の混合ワクチンをどうするか?
問題の結論としては(←今のところ)

☆しし丸は、若くて健康でアレルギーもないので、
ワクチンを打つデメリットを感じない

☆しし丸は、旅行やドッグランに連れて行ったり
するので1年以内のワクチン接種証明書が必要

☆しし丸は、田舎道を散歩するので、
ワクチンの効果が3年もたないと言われている
レプトスピラにかかるリスクがある

☆まだまだ徳島には混合ワクチンを打っていない
犬が多いと思われ、その犬と接触した際の
万が一を考えておきたい


やはり1年に1回の混合ワクチンを打とうと
思っています。



更なる動物病院へのグチ(悪口)が募る事件が
後日あったのですが、
長くなったので、明日に持ち越し。
何とか今年中に終わらせたい。
いや、終わらせねばならぬ!


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば



つぶやき | 14:12:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
しし丸のお勉強日和
おやつ探し~の、しし丸。
ノーズワークマットで、クンクン訓練中。

散策




毎日は使わないけど、
マットを出せば、飽きることなくオヤツ探しを
頑張ってくれる。
作った甲斐があったなぁ~と思う瞬間。

散策2



社会見学のお散歩へ~。
自然観察も、しし丸の大切なお勉強。

散策3



枯れ木に頭を突っ込んでクンクン。

散策4



興味な~し

散策5



枯れ葉の上をカシャカシャ音を立てて
元気に歩いてた。

散策6



威勢よく歩く、元気なオケツ。

散策7



憂いのあるお顔をして
枯れ葉の上で立ち止まる。

散策8



君は、何を思うぞ
若輩者のしし丸でも、
落葉、移りゆく季節に思うところが
あるのでしょう。

散策9



別に!な~んにも
しし丸は、食べるものの事だけを
考えていればいいのです。
万事、平和なしし丸の日常でした。

散策10



自然観察した後は、
公園に寄って、たくさんの子供たちが
遊んでる所を観察。
興奮せずに歩けたね。

散策11




海沿いも歩いてみたよ。

散策12



海は~よぉ~♪
海の男を気取って、カッコつけ。

散策13



海をじっくり観察した結果・・・

散策15




この海の水はキレイじゃない!
落ちたら大変!!

っていう事が分かりました。

散策14


日々、勉強を重ねている、しし丸散歩でした。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば



散歩 | 15:11:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
私は催眠術の使い手なのです
新しいアイテムをしし丸に提供。
けん玉風の犬のオモチャ。

破壊



新しいオモチャを楽しそうに弄んでいたから
すっかり目を離していた・・・

破壊2



アッという間に破壊してました。
本能的に、オモチャのもろい部分が
分かってしまうのか?
本能的に、弱い部分を攻めてしまうのか?
けん玉オモチャの本来の姿を
写真におさめる間もなく、残念な姿に
なってしまいました。

破壊3



けん玉を壊したな!
って責め立てたとしても、

破壊するのも楽しみの一つ!
形あるモノ、壊れてもしゃーない!

って言う顔をしてた。

確かに、確かに~、しし丸の言うとおり。

破壊4



けん玉の持ち手の部分と玉がくっついてたのに、
ちぎれてしまっているので、
新たな使い方をせねばならぬ。

破壊5



眠くな~る、眠くなる!
だんだんだんだん・・・眠くな~る。
って言う催眠術をかけるっきゃないじゃん。

破壊6



全然、見てねぇ~

破壊7



オモチャをアッという間に破壊した、しし丸。
催眠術にかかったふりして、
飼い主に気を遣うって事ができない、しし丸。

でも月イチのお楽しみはもらえるの。
フィラリア予防の日。

破壊8



可愛こぶりっこして
おちょぼ口でパクつくお顔も、

破壊9



大口開けてガッツくお顔も、

破壊10



すべてが可愛い。
11月のフィラリア予防薬も一口も
取りこぼさず、美味しく頬張りました。

破壊11


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば



グッズ | 18:11:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
ポカポカ日和の散歩
11月下旬は、やたらと暖かい日が続いたよ。
まだまだ裸族で駆け回っていた、しし丸。
とびっきりの笑顔を私に向けてる。

ボール遊び




このおねだり顔は、ボール出せよ!
という私への指示。

ボール遊び2



ボールを投げると、一目散に駆けつける。

ボール遊び4




ハムッ っとネ。

ボール遊び6



ボール投げる → 拾いに走る
→ 飼い主に持ってくる → ボール投げる・・・
の繰り返し。

ボール遊び5



楽しそうなしし丸の姿に、私の気分も
ノッてきて一緒に駆け回る。

ボール遊び7



坂だって、一気に駆け下りちゃうし~

ボール遊び8



うっひょっひょ~い
普段の単調なお散歩より、
公園に遠出するスペシャルな散歩は
本当に楽しそう。

ボール遊び9



しし丸様ダゾ!
っていうアピールを忘れない。

ボール遊び10



芝生公園を満喫して、スタコラサッサ~
と階段を下りていく。

ボール遊び11



あぁ、楽しかった♪
こんな顔して見つめてくれるから、
また一緒に来ようね!って思わずには
いられない。
にくい笑顔だね、しし丸。

ボール遊び3


今日の私のおやつ
ただ、本日食べたオヤツを記録するコーナー。

たくさんの種類のマフィンを頂きました。

1



オレオ的なクッキーが
がっつり入ったマフィン。

3_201812202138087c3.jpg


さつまいもの鳴門金時を
アピールするマフィン。

2_20181220213807583.jpg


今、マフィンは流行ってるでしょうか?
いろんなお店のマフィンをもらう事が
多くなったなぁ~と思う。
トッピングにいろいろ工夫を凝らしてますが、
生地そのものは、美味しい店もあれば
イマイチのお店もありますねぇ~。

お口の水分を全部持って行かれる様な
パサッとしたマフィンが苦手です。

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば



散歩 | 18:44:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ